大分、遺産相続、不動産の名義変更、遺産分割協議書、各種名義変更の無料相談実施中!大分相続遺言相談センター!

HOME > 相続人調査と財産調査 > 相続関係説明図の作成

相続関係説明図の作成

相続関係説明図の作成

 相続関係説明図を作成する場合、紙の大きさ・縦書き・横書きなどの方式は自由です。
 また、手書きで作成しても問題ありませんが、消しゴムやその他で簡単で消せるものでは問題が
 ありますので、パソコンで作成するのが良いかもしれません。

 

必要な書類

  • 亡くなった人の出生から死亡までの戸籍・除籍・原戸籍謄本
  • 亡くなった人の最後の住所を証する書面(住民除票もしくは戸籍の附票)
  • 相続人全員の住民票
  • 相続人全員の戸籍謄本(亡くなった日以降の日付のもの)

 

 この相続関係説明図(相関図)を完成させるためには、戸籍謄本・除籍謄本・原戸籍謄本
 しっかりと読んで、相続人をひとりひとり確認していく必要があります。
 この際に、注意が必要なのは、亡くなった方(被相続人)の出生から現在に至るまでの戸籍を
 確認しなくてはいけないという点です。

 亡くなった方が、団塊の世代の方であれば、戦前や戦後まもない頃に生まれた方ですから、
 戸籍法が途中で改正されており、2枚、3枚と戸籍を集める必要があります。また、さらに
 その団塊の世代の方のお父様の名義が残っていると、明治時代にも遡って戸籍を収集しなくては
 相続関係説明を作成することは出来ません。
 こうなると、一般の方にとっては大変難しい手続きになってしまいます。難しさのひとつは、戸籍の読み方
 ですが、何よりも難しいのは文字の読み方です。その頃の戸籍は、すべて筆で書かれており、
 草書体などであるため、現代人の感覚では古事記や日本書紀のような古文書を読んでいる
 かのように感じてしまうかもしれません。

 そうした戸籍を見なくてはいけないうえに、認知された子供がいないか、養子縁組をしている
 記録が無いかを確認していかなくてはいけません。

 相続人が、1人でも欠けている相続関係図は無効です。また、同じように見えても、文字が
 一字でも間違っている
と、不動産の名義変更の際に、法務局からつき返されてしまいます。
 相続人が4人くらいならまだしも、6~7人いる方やそれ以上に相続人がいる可能性がある方は、
 民法のプロに相談された方が良いと思います。
 

遺産相続 に 関するご相談は、司法書士シュトウリーガルへどうぞ!

miki03.PNG

daial.PNG

 事務所案内  所員紹介  サポート料金  アクセス
 メールでのお問い合わせ

 

muryo0.PNG

司法書士・行政書士による 無料相談実施中! まずは 無料相談 のお問合せを下さい!
平日の夕方20時まで、土曜・日曜無料相談の対応が可能です!事前にお問合せ下さい。

司法書士シュトウリーガルへの道のり

 当事務所までの道のりは、下記にてご確認ください。

 当事務所は、大分公証人役場のある城崎MKビルの3階にございます。

 法テラス、または、朝日新聞社を目印にお越しください。

 お車でお越しいただく場合、当ビルの1階が駐車場となっておりますので、1階にご駐車くださ  

 い。
 場所が分かりづらい場合は、お気軽にお電話ください。
 

newmap.PNG 
map01.PNG
 ①市役所府内城の間を進みます。  ②保健所のT字路を右折します。
map02.PNG
 ③府内城脇の松栄神社の手前を左に曲がり、次の交差点を右折します。
 gaikan.PNG
 ④直進して朝日新聞社の脇を通り過ぎ ⑤2軒隣城崎MKビルです。

kanban.PNG
 ⑥城崎MKビル3階が、当事務所です。皆様を温かくお迎えします。

 ビルの2階には、大分公証人役場があります。また、事務所の東隣には、

 法テラスがあります。
 当ビルの1階には駐車場もございます。