大分、遺産相続、不動産の名義変更、遺産分割協議書、各種名義変更の無料相談実施中!大分相続遺言相談センター!

HOME > 財産の名義変更 > 調停、審判、遺言に関する名義変更 > 調停、審判、遺言に関する名義変更

調停、審判、遺言に関する名義変更

 

 下記は家庭裁判所の調停や審判を経て名義変更をする場合です。

調停・審判に、基づく場合

 以下の書類を金融機関に提出することになります。

 ①家庭裁判所の調停調書謄本または審判書謄本
  (いずれも家庭裁判所で発行を受けることができます)
 ②預金を相続した人の戸籍謄本と印鑑証明書
 ③被相続人の預金通帳と届出印


 この他、金融機関によっては用意する書類が異なる場合もありますので、
 直接問い合わせて確認する必要があります。

 

遺言書に、基づく場合

 以下の書類を金融機関に提出することになります。

 ①遺言書(コピーでも可)
 ②被相続人の除籍謄本
  (最後の本籍の市区町村役場で取得できます。)
 ③遺言によって財産をもらう人の印鑑証明書
 ④被相続人の預金通帳と届出印


 この他、金融機関によっては用意する書類が異なる場合もありますので、
 直接問い合わせて確認する必要があります。

 不動産(土地・建物)の名義変更手続も対応しております。
 お気軽にご相談ください。