大分、遺産相続、不動産の名義変更、遺産分割協議書、各種名義変更の無料相談実施中!大分相続遺言相談センター!

HOME > 生前対策 > 生前対策

生前対策について

生前対策について

 法律家の観点からの生前対策についてお伝えさせていただきます。

 生前対策というと、遺産相続の方法税金対策財産の管理方法
 
などが一般的であると思いますが、ここでは法律家の視点からみた
 方法をご紹介したいと思います。
 具体的には、見守り支援任意代理契約任意後見契約遺言書の
 作成
死後事務委任契約、などになります。

 ここでは、生前対策の視点としては、下記のような視点から
 ご説明していきたいと思います。

遺産分割に不安がある場合

死後の手続きを事前に
 依頼しておきたい場合

①.遺言書の作成: 遺言を活用することによって、事前に遺産分割の
  方式について指定することが可能です。
②.遺言執行の検討: 遺言の内容をしっかりと実現するためにも、遺言
  に執行者を決めておくことも重要です。
③.死後事務委任契約: 自分の死後の事務手続一式をどのように
  進めるのか、誰にお願いするのかを生前に決めておく契約になります。

財産管理が不安の場合

体調管理が不安な場合

④.任意後見制度の活用: 認知症などによって判断能力が無くなって
  しまう前に、財産管理の方法を決めておく事ができます。
  医療機関による認知症の診断結果をもとに、家庭裁判所に後見開始
  の申立てを行い、任意後見サービスが開始となります。この後は、
  認知症の方の財産や健康状況を後見人が管理していきます。
⑤.見守り支援: 毎月ご訪問させていただいて体調や近況を確認する
  サービスです。
⑥.任意代理契約の活用: 体が不自由な方の為に、身の回りのお世話
  や生活必需品の買い物などをお手伝いさせていただくサービスです。
相続税の納税資金対策
 節税を検討している場合
⑦.税金の比較検討: 相続税と贈与税の比較検討によって、より税金
  のかからない財産の承継方法を考えることも可能です。
⑧.相続財産の評価を下げる: 相続財産となる資産を効果的に減らして
  おくことも生前対策のひとつのアプローチとなります。